SSブログ

久々登場のカレー皿はアレにもぴったりでした。 [商品紹介]

明日は節分ですが今日は2月2日。
夫婦の日だったりもするようですが、特になんてことのない2月2日、木曜日です。
相変わらず寒くてちょっと参ってしまいます。

DSC06135m.jpg
さて本日から遡ること10日程前、1月22日はカレーの日でした。
なんでも1982年に学校給食のメニューでカレーが採用されることが決まり、全国の小中学校で一斉にカレーが出された日、なのだとか。
給食の人気メニュー、カレー誕生の日というわけですね。
DSC06148m.jpg
そして時は流れて昨年2016年の2月、カレーの日ができてからちょうど?34年後に、ACART LIFESTYLEには素敵なカレー皿が届き、皆さまにご紹介しました。

こちら。イケダのカレー皿です。
DSC08659m.jpg
IKD イケダ 18-8ステンレスカレー皿 小 丸 10-1/2インチ ¥1,890(税込)
新潟県燕市の金属加工メーカーIKDイケダ(株式会社イケダ)さんの製品です。
約50年ほど前、平たい洋食器しかなかった時代に、創業者の池田さんがカレー用の深い楕円形のお皿を作ったのがはじまりと言われる、由緒正しい「カレー皿」。
当時はその斬新さと大胆なフォルムが話題になり、一躍会社のヒット商品になったとか。今でも海上自衛隊や有名店で使われているそうです。

そんなカレー皿、店頭でも「かっこいい!」と人気だったのですがしばらく入荷していなくて、今回カレーの日を機に(偶然ですが)再入荷いたしました。
DSC08654m.jpg
羽根を広げたような優美なフォルムは、1枚のステンレス板からプレス機でつくられ、1つ1つ手作業で機械にかけられたり研磨したりという昔ながらのつくりかた。
内側は鏡面、持ち手部分やお皿の外側は艶無しのヘアライン加工です。


1年前にご紹介したときは普通のカレーライスを盛ってみましたが、今回久しぶりに再入荷しましたので何か違うものをと思い・・・。
懐かしの喫茶店メニュー「ナポリタン」を盛り付けてみました。
DSC02135m.jpg
いかがでしょう。ちょっとペタっとしたナポリタン独特の質感とステンレスが妙にマッチしていませんか?
無機質な素材なのにどこか温かみを感じます。

このカレー皿、サイズは「小」となっていますが、全長27.5cmとそこそこ大きめ。
一人前のナポリタンがこの通りしっかり上品におさまります。
また厚み約1.2mm程と、18-8ステンレスを贅沢に使って肉厚につくられています。熱々のお料理を入れてもさほど熱くなりませんのでご安心ください。

洗いやすくかさばらず、多少落としたりぶつけたりしても割れることも無いので扱いやすいかと思います。
また今の時期はお料理の温度が下がらないようにお皿をあらかじめ温めておくのがオススメですが、その際もステンレスですので温まるのが早くて便利です。

DSC02122m.jpg
もちろんナポリタンやカレー以外にも焼きそばやピラフ、ハヤシライスでもきっと雰囲気が出ると思います。
ぜひご家庭で自慢のお料理を盛り付けてみてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ