SSブログ

きっとまた会える。素敵なお店シャトンさん [奈良のこと]

DSC04555m.JPG
Queue de chatons (クゥ ドゥ シャトン)
フランス語で子猫のしっぽ、という意味だそうです。
先日、惜しまれつつ閉店された、有機栽培の紅茶とスコーン、マフィンなどのお店の名前です。
以下、「シャトンさん」と表記します。
オープンされて1年と少し。ACARTも噂はお聞きしていたのですがなかなか行く機会がなく、「そのうちに、そのうちに」と思っていたらなんと閉店のお知らせ。
お店ってあるのが当然でいつでも行けると思っていたら意外とそうでもない、と思うことがここ数年で時々あります・・・。
そんなショックを受けたものの、最後にどうしても行きたくてギリギリでお伺いすることができました。

DSC04553m.JPG
ですのでこれからご紹介するのは、残念ながら閉店してしまったシャトンさんのこと。
おそらくこれをご覧になって「行きたかった!」と思う方も多くいらっしゃると思います。
本当に魅力的なお店だったので、ACARTも早く行っておけば良かったと悔やまれてなりません。こんなタイミングのご紹介になってしまい、申し訳ありません。

が、シャトンさんはまた落ち着いたら今度はもう少し小さな空間で、そして違う雰囲気でスコーンや紅茶のお店を再OPENしたい、とのこと。
DSC04577m.JPG
今後のことはまだまだこれから考えるそうですが、次の野望もたくさんお話できて、元気なシャトンさんを見ていると、「じゃあまた次の場所で!」と思うことができました。
ですので再開を期待して、今回あえて記事にさせていただきます。


外観は町家風ですが、ブルーグレーの壁やサイン、大きな窓もとてもいい雰囲気です。
DSC04573m.JPG
内装も大変凝っていて、自分でやるとしたら勇気がいるであろうピンク色の壁もとても素敵。アンティークのイギリスの家具と畳が意外とマッチしています。
こんなにもこだわったお店が閉店してしまうなんて、本当に残念!
こちらではACARTが頂いたスコーンや紅茶の他に、本場英国風のアフタヌーンティーセットもランチもあって・・・食事もそこにいる時間も楽しめるカフェでした。

最後に、シャトンさんのお話を聞いたのは、実はご近所のnecocoさんから。と、言うことは・・・。
そう、猫つながりです。

シャトンさんには当店と同じく看板猫がいるのです。
DSC04566m.JPG
この子が看板猫の百文珠(ももんじゅ)さん。以下、「ももちゃん」とさせていただきます。
とっても美人で、大変な接客上手。1歳とは思えない落ち着きと聡明さ。
やってきたお客様にスリスリ。お帰りになるお客様に「行かないで~」。
当店の老成しすぎて動かない長女、2歳半になっても全く子供のままの次女や内弁慶な末っ子にも見習って欲しい優秀さ。ホスピタリティに溢れていて性格の良い、とてもとてもかわいい猫さんです。
DSC04558m.JPG
本格的な紅茶やスコーンはもちろんのこと、この子を目当てにいらっしゃるお客様も多かったとか。
もちろんこのももちゃんと少しの時間を過ごして、ACARTも大ファンになりました。


本格的な紅茶とスコーンのカフェ「Queue de chatons (クゥ ドゥ シャトン)」さん。
また違う場所で再開される際にはこのブログでもお知らせいたします。
そのときにももちゃんに会えるかどうかはわかりませんが、美味しい紅茶やスコーンは提供予定とのこと。
ぜひその機会をゆっくり待ちましょう。
DSC04559mc.jpg



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ