SSブログ

扇湯さん閉店の驚きで1月が終わります [奈良のこと]

DSC02218mmc.jpg
1月31日、本日で1月も終わりです。
2019年になって1ヶ月。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

除夜の鐘や初詣のことをご紹介したのなんてもう随分昔のように思いますが、まだ1ヶ月。もう終わりなのかと思うけどかなり長らく1月だったような気がします。長いようであっという間って不思議ですね。

確か昨年もそうだったのですが、ACART的には「波乱の幕開け」だったように思うこの1ヶ月。
思った以上にお店の方はのんびりしている、というのがすでに衝撃なのですが、それ以外にも周囲はザワついていて、「マジか!」と驚いたことが多い1月でした。

DSC02199m.jpg
中でも最近身近で起こったサプライズな出来事は、ならまちの名物銭湯「扇湯」の突然の閉店。
幸運にも一昨日1/29、ラスト湯に浸かることができたサトリデザインさんより聞いたことなのですが、これはなかなかの衝撃でした。なんというか、急過ぎる・・・。

DSC03218m2c.jpg
忘れもしないあれは昨年3月。ASUNARAさんやサトリデザインさんと一緒に「珈琲と定食minamo」さんで浪曲イベント『夜のminamoで福笑い』を開催し、ACARTも少しだけお手伝いさせていただきました。
DSC02159m.jpg
その時の浪曲のテーマが「銭湯」だったため、扇湯さんにも入浴特典でご協力いただき、それから勝手に親近感を抱いていたACART。
家が微妙に遠いので、実はまだ行ったことがなかったのですが、いつかお店の帰りにでも寄りたいな~と思っていたのに、これは残念。
ペンギンさんのオブジェやモザイクの壁画などが印象的で、外観もいかにも銭湯!って感じでとても素敵だったのですが・・・。
扇湯2.jpg
写真:サトリデザイン
銭湯のご主人とお話をしたサトリデザインさんによると、お水を貯めるタンクに穴があいてしまい、その修理に莫大な費用がかかるので、止むを得ず閉店を決められたとか。
TV番組かなにかで見たのですが、お風呂屋さんの機器故障問題はけっこう深刻で、続けたいけど直すのにものすごい費用がかかるため、閉業するお店が多いと聞きます。
しかもそれは今回の扇湯さんのように突然使えないレベルにまで壊れ、突然閉業になるという、恐ろしさ。
普通のお店だったら、もっと前から「閉店します」と言って何ならセールでもできそうなものなのですが。ある意味壊れたらおしまい、お風呂屋さんって競走馬の前脚のように繊細なんだな、と思う次第でした。
当たり前の日常が当たり前でなくなる、そこにあったものが急になくなることもある、世知辛いですね・・・。

扇湯3.jpg
写真:サトリデザイン
扇湯さん、今のところこの先のことは決まっていないそうなのですが、もうしばらくはそこにあると思います。
取り壊しか、残すのか、それすらもまだ決まっていない状況。なにせ1/29で閉店だったのですから。
今流行りの銭湯という場所を使った何かしらに生まれ変わるとか、とにかく残るといいのにな、と勝手ながら願うばかりです。
※写真はサトリデザインさんが昨年のイベント時に許可を得て撮らせていただいたものです。

DSC08204m.jpg
そんな中でも、先日見た満月はとてもキレイだったことや、これから先に予定しているあれやこれやが楽しみであること、長らく頓挫していたことがいよいよ動き出そうとしていること。
背中を丸めている場合ではないのだー!と気合いを入れ直します。
明日から2月。
来月もACART LIFESTYLEをどうぞよろしくお願いいたします。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ