SSブログ

大変お待たせいたしました、急須平形糸目 [商品紹介]

DSC07891.JPG
このところ南部鉄器といえば続けて鉄瓶をご紹介しておりました。
鉄瓶はお湯を沸かすヤカンのような用途ですが、本日はそうではなくてお茶を煎れる「急須」をご紹介します。長らく欠品していたOIGEN 急須 平形糸目がこの度やっと再入荷いたしました。


DSC07893m.JPG
側面から見るとそろばんの玉のような形でシャープなエッジが現代的な急須。
急須といってもあまり和風過ぎるのはちょっと・・・という方や、モダンな急須を探し求めていた、と言う方に大変ご好評いただいています。

DSC09017m.JPG
実は同じ平形糸目というデザインの鉄瓶も以前在庫があったのですが、こちらは旅行で奈良に来られたにも関わらず、運命的な出会いをしてしまった方にめでたく連れ帰っていただきました。
そんな感じでこの珍しい形は、「つい一目惚れ」してしまう方が多くいらっしゃいます。

DSC07886m.JPG
先ほどお茶を煎れる、と書きましたように、急須ですので直火やIHでお湯を沸かすことはできません。
陶器や磁器の急須だったら「直接火にかけよう」と思う方も少ないと思いますが、鉄という素材だとなんとなく「火にかけても大丈夫そう」と思ってしまうのでしょう。
「鉄瓶の代わりになるかも?」と思う方も多いようで、「火にかけてもいい?」という質問は非常によく頂きます。
が、先に書きましたように直火は厳禁。

DSC07885.JPG
確かに、外見は鉄瓶とほとんど同じに見えますが、この急須の内側はホウロウがひいてあります。
火にかけるとこのホウロウが割れてしまうおそれがあるので、くれぐれもご注意ください。

ただ、熱いお湯がダメ、というわけではもちろんありませんので、お茶漬けの出汁を入れるなど、お茶以外の液体を入れる、という使い方はおススメできます。
南部鉄器は分厚くて中のお湯やお出汁が冷めにくいので、陶器の急須などよりも温かいまま保ってくれます。
お茶にしてもお出汁にしても、内側がホウロウですので、洗うときも簡単です。

DSC06517m.jpg
食卓に置いても映えますし、お茶の時間以外にもお食事の時間や、使わないときも収納せずにダイニングやリビングから見えるところに置いておくのも良いですね。
今なら在庫ございます!

DSC07881m.JPG
OIGEN 急須 平形糸目 0.4L ¥7,560(税込)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ