SSブログ

6月から東大寺や興福寺も徐々に再開。 [奈良のこと]

DSC07016mc.jpg
5/30(土)、明日日曜日で5月も終わりです。
そんな土曜日、残念ながら今週も猫スタッフは自宅待機中です。
DSC06911m.jpg
次女と末っ子は仲良くお休み。
DSC07004m.jpg
長女は別室で静かにお休みです。
どうぞご了承ください。


さて、少しずつ奈良の街が活気を取り戻していく中、観光地であり祈りの場でもある、東大寺と興福寺について業務再開の情報が入ってまいりました。

まずは大仏さまでおなじみの東大寺。
DSC05856mm.jpg
4月24日から停止されていた大仏殿を含む諸堂の拝観ですが、5月14日の宣言解除に伴い、まずは大仏殿の拝観が6月1日(月)より再開されます。

DSC05914m.jpg
ただ、新型コロナウィルス感染拡大予防のため、以下のような対策が取られます。
・拝観時間の短縮
・おみくじの利用停止や柱のくぐり抜けの使用停止
・一時間辺りの堂内(廻廊内)拝観者数の制限

【6/1からの拝観時間】
大仏殿:8時30分~16時
二月堂:通常通り開扉ですが、正面の畳の間へは上がれません。

DSC02117m.jpg
更に、このような形での参拝が問題なく運営されるようであれば、大仏殿以外の諸堂においても6月15日(月)より拝観の再開を予定しているとのことです。

【6/15からの拝観時間】
大仏殿:通常拝観(7時30分~17時30分)
法華堂・四月堂・不動堂・戒壇堂・念仏堂・指図堂 : 拝観再開(8時30分~16時)その後、問題が無ければ、2週間後を目処に通常の拝観時間に移行。

東大寺ミュージアム : 引き続き休館(7/23再開予定)

DSC02319m.jpg
上記の通り東大寺戒壇院戒壇堂は6月15日(月)より拝観再開となる予定ですが、保存修理及び耐震化工事のため令和2年6月30日(火)で再び拝観停止となります。停止の期間は約3年の予定。
その間、以下のような措置が取られます。
1.四天王立像が東大寺ミュージアムへ安置され、7月23日よりミュージアム展示室内で拝観できます。
2.拝観停止となる戒壇堂に代り、通常非公開の戒壇院千手堂が7月4日より特別に公開されます。

DSC05876m.jpg
なお、4月1日から毎日正午に行われている大仏殿でのお祈りについては、6月1日以降も引き続き行われます。そして拝観再開となる節目の6月1日正午には一山僧侶で厳修されるそうです。
ただ、4月11日より継続していた大仏殿内のインターネット中継は、6月1日正午の法要をもって終了となります。楽しみにされていた遠方の方は残念かもしれませんね。
ぜひ、状況がもう少し落ち着きましたら、現地でのお参りへ足をお運びください。

東大寺についてものすごくざっくりまとめると、6/1から大仏殿が再開、その他は6/15から、そして戒壇院戒壇堂は一旦拝観再開となりますが7/1からは再び拝観停止となる、ということです。


次は興福寺。
DSC07005m.jpg
こちらも宣言の解除を受け、時間を短縮するなど感染拡大防止対策を徹底した上で、6月1日から部分的に拝観業務等が再開されます。

DSC07008m.jpg
【拝観時間】
国宝館:10時~16時(最終受付15時45分)
東金堂:10時~16時(最終受付15時45分)
中金堂:拝観停止を継続
※一言観音堂は堂内(畳間)への参拝を再開します。
※国宝館内のトイレはしばらくの間利用できません。(トイレは、南大門跡の「五十二段北」看板の公衆トイレ、または登大路園地の公衆トイレなどを利用)
※東金堂や南円堂・一言観音堂の鰐口の紐、一言観音堂内の木魚、手水舎の柄杓などは、当面の間下げられています。

DSC06459m.jpg
【ご朱印授与】
南円堂納経所:10時~16時(最終受付15時30分)

【売店、駐車場】
国宝館内ショップ:10時~16時
無料休憩所売店:6月15日から営業再開予定
勧進所内売店(アーパナ):10時~16時
南円堂売店(納経所東隣):10時~16時
駐車場:10時~16時


DSC05898m.jpg
そして東大寺も興福寺も拝観にあたって以下のような「お願い」があります。
・アルコール消毒液による手指の消毒
・堂内・館内でのマスク着用
・飛沫感染を防ぐべく、堂内・館内ではお静かに。
・堂内・館内の手すりや展示ケースなどにはお手を触れないように願います。
・拝観受付、堂内・館内、売店、朱印受付では、前の人との間隔を開けて並び、
 ソーシャルディスタンスの確保を。
・堂内・館内などが混雑する場合は、一時的に入堂・入場を制限。

どの施設でも(当店のような小さな店でも)お願いしている基本的なことですが、ご理解ご協力いただき、参拝ください。

いよいよ奈良の大きな寺院も業務が再開されます。
今後ますます奈良を訪れる方が増えるかもしれませんが、最大限の注意をしながら過ごしていきたいと思います。


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。