SSブログ

金危々日には猫を描くといいらしい。 [その他]

DSC02577mc.jpg
定休日明け、2月16日(火)です。今週もどうぞよろしくお願いいたします。

突然ですが本日2月16日は旧暦1月5日です。
ちょっとさかのぼりますが、2月12日が旧正月でした。
DSC02636m.jpg
日本人の私たちにはあまりなじみがないですが、一昨年までは多くの中国の方が日本に来られていた、旧正月を含む春節。
残念ながら昨年は少なくて、今年は春節のお客様なんてほとんどゼロ、という状況です。
来年はどうなるのかさっぱりわかりませんが、暦としての旧正月はもちろん今年も来年もあります。

DSC02583m.jpg
そんな旧正月から4日経ったのが本日、旧暦1月5日。
実は旧暦1月5日は財神の日と言って、お金の神様である「財神」がやってくる大切な日なんだそうです。花火や爆竹を盛大に打ち上げて財神をお迎えし、商売繁盛や金運に良い兆しがあることを祈願するようです。

アカートは中国とは何の関りもありませんし、実は行ったこともないのですが、ともかくそんな話を聞くとちょっと何か祈ってみようか、ってな気分になってしまいます。

その財神が関係あるのかないのか、よくわからないのですがさらに1月5日は「猫を描くといい」日なんだそうです。
DSC02422mc.jpg
なんじゃそれ?って感じですが、「正月初五日の金危々日に猫を描くと鼠を鎮める(追い払う)ことができる」という中国の言い伝えがあるとのこと。
「金危々日」って調べてもほとんど何の情報も出てこないので、詳しいことはさっぱりわからないのですが、「〇〇するといい」と言われるとしたくなるのが人情ってもの。

DSC05431mc.jpg
「鼠を鎮めることができる」がダイレクトにネズミを追い払ってくれる、という意味であればそれはそれでありがたいですし。
またそれが比喩表現で「ネズミ=何か好ましくないもの」であれば、今流行りの疫病を鎮めてくれるのでは?!という期待なんかもほのかに湧いてしまったりして。
もしくはネズミを追い払うと財神をお迎えするのにさらに効果的!かもしれないし。

そんな風に思うと、今日、猫を描かずにはいられませんよね~。
中国の謎のならわし。
信じるか信じないかはあなた次第。
そして効果のほどもさてさて?という感じではありますが、たまにはのんきに猫でも描いてみると、案外楽しいかもしれません。
DSC01914mmmc.jpg
が、画伯・・・。か、壁なんですけど。
※写真はフィクションです。ご安心ください。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ