SSブログ

名宿の味。古白さんのすき焼き [奈良のこと]

DSC01654mc.jpg

かつて「日吉館」という宿がありました。
場所は国立博物館の前あたり。県庁から氷室神社に向かう途中、人気の釜飯屋さんの並び・・・といったところでしょうか。
大正3年(1914)の創業から平成7年(1995)までの約80年間、そこは奈良を訪れる文人・芸術家・学者らに愛され、文化的サロンとも言えました。格安の宿泊料は奈良を学ぶ探究心・向学心のある若者の強い味方だったのだそうです。
そんな日吉館の名物といえば、NHKの連続ドラマのモデルになった女将、田村キヨノさんと、奈良を学ぶ人々の胃袋を支えた「すき焼き」だったと言います。
DSC05482m.jpg
その建物も多くの人々により保存が検討されたものの老朽化から2009年に取り壊されてしまい、今ではかつての日吉館の面影を残すものはありません。
ただ在りし日の「すき焼き」を継承しているお店があるのです。


そのお店とは、旅宿 古白さん。そうあの古白さんです。
DSC01614m.jpg
<関連記事>
昨日の「夜の古白で福笑い」は大盛況!(2019/3/29)
旅宿 古白で極上の一杯。(2019/3/19)

DSC01616m.jpg
実は先日ようやくこのすき焼きをいただくことができました。
DSC01665m.jpg
古白さんのすき焼きは予約制。喫茶スペースの奥の個室でいただきます。「秘密倶楽部奥座敷」・・・店内のあちこちに素敵なセンスの貼り紙が。

DSC01667m.jpg
ほらこんな注意書きもこっそりと。

古白さんのご主人は、まだまだ若い方なのですが、仏像や美術をはじめ奈良に関する知識と博学さでは随一と評判です。仏像講座などのイベントをはじめ、その宿も奈良を愛し全国から訪れる方々に人気なのです。そのお話も面白く、つい時間を忘れて聞き入ってしまいます。

奈良を学ぶうちに日吉館を知り、自らの宿も奈良を愛し学ぶ人達の支えとなるような宿にしたい、そして日吉館のすき焼きのように安くて味の良い食事を提供したいと考えていたところ、なんと、かつて日吉館で実際にすき焼きをつくっていた方と知り合うことができ、直接指導していただけたのだそうです。

DSC01621m.jpg
お肉は宮崎産。

DSC01658m.jpg
長ねぎではなく、玉ねぎを使うのが最大の特徴です。

DSC01655m.jpg
割り下を用いるのではなく、砂糖と醤油で味をつける関西風です。
砂糖はザラメ。コクがあり味に深みが増します。

DSC01624m.jpg
とにかくとろけるようなお肉の柔らかさ、そして香ばしい風味が絶品。
DSC01627m.jpg
たっぷりと卵にからめていただくと、多くの文人たちや学生たちが集った宿の熱い語らいが聞こえてきそう。

DSC01637m.jpg
最初はお肉だけ、続いてたくさんのお野菜でぐつぐつと沸くお鍋を楽しみます。白菜や玉ねぎ、春菊にもお肉や甘辛いつゆがしみて箸がとまりません。

DSC01647m.jpg
ついでに美味しい日本酒もとまりません。

DSC01662m.jpg
最後は古白さん自慢のネルドリップの珈琲を堪能します。

DSC01651m.jpg
ついつい食べすぎてお腹もいっぱいなのですが、お代も驚きのお手頃価格で、こちらもしっかり往年の名宿の系譜を継いでいる・・・と言えるかもしれません。
現代の日吉館になるにはまだ少し月日がかかるかもしれませんが、いつかきっとそうなるだろうと思わせる、素敵な体験をさせていただきました。

DSC01612m.jpg

旅宿 古白
奈良市鳴川町10
http://nara-kohaku.com/

map20190313.jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ