So-net無料ブログ作成
商品紹介 ブログトップ
前の10件 | -

岩戸(?)に篭もった猫スタッフと古事記のワッペン [商品紹介]

DSC02184m.jpg
あっという間に3連休も最終日です。
巷では例のウイルス騒ぎも相変わらず収まりませんが、昨日と一昨日は奈良にも少し人が戻ってきた感がありました。
もうどこへ行っても同じ、ということなのか、奈良は意外と安全、ということなのか、奈良の鹿かわいそう、ということなのか・・・。
何にしても、お越しくださった方やお買い物してくださった方にはお礼申し上げます。

当店には一昨日も出勤していた猫スタッフ次女と末っ子がおります。
おります・・・?どこに?
DSC02178mc.jpg
あれ?隠れてる?何してるの?
DSC07668mc.jpg
実は一昨日お越しになった興奮気味のお子様が少々怖かったようで、なんだかソワソワしているのです。一昨日家に帰ったときは妙に元気だったんですけどね。

「おーい、大丈夫ですよ」と言って引っ張り出そうとすると余計出てこない。
そう、そんなもんですよね。
まあ、放っておけばそのうちに「大丈夫」とわかって出てくると思うのですが。
DSC02342mc.jpg
あ、わかった。こっちで楽しそうにおやつでも食べてれば(人間が?)、おやつ欲しさに出てくるはず。

DSC07651mc.jpg
ほら。でてきた。

ん?これってなんかに似てますよね。
あ、そうそうこれこれ。
DSC01981m.jpg
京東都 ワッペン 天岩戸 ¥770(¥700+税)

古事記より。
太陽神である天照大神(アマテラスオオミカミ)が、弟の須佐之男命(スサノオノミコト)の乱暴に心を痛め、岩戸に篭ってしまう。世界は暗闇となり植物が枯れ病気が蔓延した。
困った八百万の神々が、芸能の女神で踊り子である天鈿女命(アメノウズメ)に岩戸の前で踊らせたところ、その楽しげな様子に岩戸の扉が少し開いた場面。
DSC01984m.jpg
・・・だそうです。
さすが太陽神の天照大神。ちょっと光ってる!

その後、天手力雄神(あめのたぢからお)が外にひっぱり出して、完全に岩戸から出られたので、世界に光が戻ったそうです。

DSC07612mc.jpg
猫が出てきたACARTにも、光が戻りました。
めでたしめでたし。

実はこの神話、奈良にも少し縁があるようで、天照大御神が隠れた天岩戸と言われる巨石がご神体となっている神社が、橿原市にあるんです。
ぜひ行ってみたい。
ともかく、そんな神話の一部を表現したワッペンが入荷してございます。

他にも・・・
DSC01985m.jpg
京東都 ワッペン 八岐大蛇 ¥1,100(¥1,000+税)

古事記より。悪行により高天原を追放された須佐之男命(スサノオノミコト)が出雲を通りかかったところ、美しい娘、櫛名田比売(クシナダヒメ)と老夫婦が泣いていた。
夫婦には元々8人の娘がいたのだが、1年ごとにやってくる怪物に順番に食べられてしまったのだという。
その怪物とは、火を吹く8つの頭と8本の尾を持つ八岐大蛇(ヤマタノオロチ)。
今年もオロチがやってくる時期が迫っていて、このままでは最後の娘もオロチの餌食となってしまう…とのこと。
娘との結婚を条件に退治を請け負った須佐之男命は、八岐大蛇に酒を飲ませて酔わせ、見事勝利。約束通り姫を妻として迎えた。
DSC01989m.jpg
八岐大蛇がチンアナゴっぽい、という話もありますが・・・。

めっちゃハッピーエンドじゃないですか!
また須佐之男命はこのオロチ退治の際に草薙剣(後に ヤマトタケルが使用し三種の神器の一つとなる)を手に入れたそうです。

DSC01991m.jpg
それにしても須佐之男命って結構したたかですね。
最初にご紹介した「天岩戸」では天照大神を困らせ、さらに何かの悪行で追放されたにも関わらず、大蛇を退治してキレイなお嫁さんと剣をゲット。
そんなもんかもしれませんね、人生って。

というわけで、2つの神話ワッペン、どうぞよろしくお願いいたします!


nice!(2)  コメント(2) 

家内安全を願う身代わり申。京東都のかわいいお守りいろいろ [商品紹介]

DSC01948m.jpg

あっという間に金曜日です。
いつの間にか2月も終わりに近づいていますね。
今年は閏年なので2月は1日多いのですが、やはりちょっと短く感じる2月。

相変わらず人が少ない奈良の街ですが、今や奈良だけでなく京都も大阪も、どこも人の出は少ないという噂ですね。
このご時世なので仕方ない、とは思いますが、こんなときだからこそ(?)の「家内安全」に関連する商品のご紹介です。

最近続けてご紹介している京東都さんの商品から「お守り」です。
この製品はもともと京都八坂の塔のすぐ近くにある八坂庚申堂の「くくり申」がモチーフです。
DSC07026mm.jpg
ご存知の通り、ならまちにも同じような庚申堂があり、「くくり申」に似た「身代わり申」があります。ほぼ同じ形だから、という理由で、ACARTはこの京東都の「お守り」を開店当初からお取り扱いしています。

6年以上前から売っているものではあるのですが、実は昔と比べて生地の種類が増えています。
DSC01960m.jpg
お猿さんが刺繍されたものや、和菓子(栗絞り)の模様、蛸唐草や梅鶴などなど。
以前販売していた赤と白の丸や三角、四角も人気だったのですが、こんなふうにいろんな柄もとてもかわいいですね。

DSC01954m.jpg
こちらは蛸唐草。金色の刺繍模様が入って縁起が良さそうです。

ところで、くくり申と身代わり申についてちょっとご説明しましょう。
見た目の形状はほぼ同じ。
お猿さんが手と足を一つにくくられて、吊り下げられているという「しんどい格好」をしています。
違うのは、奈良の身代わり申は赤と白の生地でできていますが、京都のくくり申は色とりどり。

DSC01944m.jpg
こちらは奈良の身代わり申に近い赤色のもの。お猿さんの刺繍が可愛らしいです。

そしてくくり申と身代わり申では、意味合いというか役割も少し違っています。
京都のほうはくくり申の背中にお願い事を書いて、欲を一つ我慢するとその願いが叶えられる、と言われています。
それに対して奈良は特に願掛けをするものではなく、家族の人数分の身代わり申を玄関先に吊るすと、災いから家族を守ってくれる、と言われています。しんどい格好のお猿さんが家族の代わりに災いを受けてくれる、なんて言い方もしますね。

DSC01949m.jpg
こちらは栗絞りの和菓子柄と洛中洛外図模様。黄色い身代わり申というのは見たことがないので、くくり申に近いイメージと言えますね。

DSC01957mm.jpg
最後にこちらは「かちんシリーズ」の金魚柄と同じ模様。でも墨色ではなく淡いグリーンで水草模様が入っています。こんな柄もあったのですね。

さて、そんな感じで似て非なるもの「くくり申」と「身代わり申」。
今回ご紹介するこちらはインテリアですが、家内安全を願って家に吊るすとなんかかわいくて家庭円満になりそうです。
ぜひ、奈良を訪れた記念にもいかがでしょうか。

最後に今週末は3連休ですので、猫スタッフがやってきます。
3日間ありますので、まず明日土曜日は次女と末っ子、日曜日が長女、月曜祝日が次女と末っ子です。
DSC01107m.jpg
今週末はまた少し暖かくなる?という予報なので、ぜひならまちへお越しください。


nice!(3)  コメント(0) 

遅れて来た鬼たち [商品紹介]

DSC08379mc.jpg

2020年2月20日です。
2と0がいっぱい。何かしらの日っぽいですが、この2と0にちなんだそれっぽい日は特になさそうでした。
DSC06286mm.jpg
とはいえ、個人的には20時20分がちょっと楽しみです。
ぜひ覚えておいてスマホの画面をスクショしたいものです。

さてそんな2と0ばっかりの日ですがそれとは関係なく、昨日に引き続き、本日も京東都さんのワッペンのご紹介です。
実は、京東都さんより納品があり、新作から従来人気の商品まで、ワッペンからその他商品までいろいろと届いております。
そのため、しばらくチョイチョイとワッペンのご紹介が続く予定です。
新作もありますので、どうぞお楽しみに!

DSC02231m.jpg
本日のワッペンは、新作ではないもののあえてお知らせしたい理由があります。
これまで全部揃えたいな、と思っていた「鬼ワッペン」がついに全色揃って納品されたのです!
毎年、節分の頃に入荷していた鬼のワッペン。大体何かしらが欠品していて、何色かの鬼がいつも不在。たしか昨年は青鬼さんが欠席でしたね。

でもなんと!
今年は全色揃ってしまったのです!
これはめでたい!

ただ・・・残念なことに節分には間に合いませんでした。
DSC09706m.jpg
実は今年も節分の前の週末などは、お店で猫スタッフたちが自作の鬼のかぶりものをつけて皆様を楽しませていたのですが、肝心の商品が無いので、ブログやSNSでそんな画像の露出をひかえていたのでした。
2週間ほど過ぎた今!鬼ワッペンの到着とともにやっと解禁です。

と、随分大げさに言いましたが、とにかく初めて全員集合した鬼ワッペン。
全部まとめてどこかに付けるとなかなか圧巻ですが、もちろん一個ずつでも。
DSC02236m.jpg
ご兄弟がいらっしゃるお子様なら、色違いでお洋服やバッグに付けてもかわいいですね。
ご家族みんなで5鬼すべてをどこかにつけてもとても素敵です。

ちなみに、鬼にはすべて特徴というか持っている意味があるようです。
京東都さんの商品紹介よりお借りすると・・・。
cc20200220-01.jpg
心の中の「怒り」を表すと云われる赤鬼。
心の中の「欲深さ」を表すと云われる青鬼。
心の中の「疑い」を表すと云われる黒鬼。
心の中の「愚痴や甘え」を表すと云われる黄鬼。
心の中の「おごり」を表すと云われる緑鬼。
どれもこれも自分の中に居そうなヤツばかり・・・。

DSC08330m.jpg
「甘えん坊の次女には黄色の鬼」など、鬼の意味に合わせて付ける人を選ぶ、というのもいいですね。
入りたい、食べたい、遊びたい、かまわれたい、そんな欲求にはとことん貪欲な末っ子は「青鬼」ですかね・・・。

DSC02234m.jpg
毎年人気の鬼ワッペン。
節分は過ぎてしまいましたが、鬼は年がら年中自分の中、そして日常のあちこちに潜んでいます!
ぜひそれらを戒める意味でも、鬼ワッペン、いかがでしょうか?


nice!(2)  コメント(0) 

雨水(うすい)に「にはかあめんぼう」 [商品紹介]

DSC03520mc.jpg
立春から早くも2週間が過ぎ、暦の上では春が少しずつ近づいている今日このごろ。
本日2月19日は二十四節気の一つ『雨水(うすい)』です。
降っていた雪は雨に変わり、氷は解けて水になる頃、という意味だそうです。

「ちょっと早すぎないか?」と思うほど暖かい日があったかと思えば、西日本では雪が降るなど真冬の寒さの日もあり、まさに三寒四温。
今年は暖冬のせいか梅の花も少し早いようですし、冬にしては雨が多かったように思いますが、こうして春は近づいてくるのですね。
DSC01974m.jpg
ちなみにこの日に雛人形を飾ると良縁に恵まれる、と言われる地方もあるそうです。
女の子がいらっしゃるご家庭はぜひ、本日(急に言われても無理ですかね)!

そういえば当店も少し前からこっそりお雛様とお内裏様を飾っています。もちろんこちらはワッペン。
DSC09560mm.jpg
我が家は三人娘がおりますが、自宅にはお雛様はありませんので、こちらで我慢です。とはいえこれは売り物です。同じようにお雛様がない、という方、いかがでしょうか?

DSC02129m.jpg
さて、雨水といえば先程も書きましたが、「雨」ですので、雨にちなんだ商品をご紹介します。
傘、とか単純なものではございません!


江戸時代に活躍した絵師、歌川国芳(うたがわくによし)による浮世絵「にはかあめんぼう」のワッペンが京東都さんより入荷したのです!
DSC01972m.jpg
京東都 ワッペンにはかあめんぼう ¥1,980(¥1,800+税)
金魚を擬人化した戯画「にはかあめんぼう」。
タイトルは「にわか雨」と「あめんぼう」をかけたシャレなんだそうです。


それではワッペンをよく見てみましょう。
DSC01973m-001.jpg
金魚たちは水草の傘をさしたり、自分の尾びれのようなもの頭に被ったりして(!)雨をしのいでいますね。
緑色の小さい子はどうやらカエルです。おたまじゃくしの尻尾が残ったような幼いカエルのようです。

でもよく考えるとカエルも金魚も、水の中の生き物。
DSC01976m-001.jpg
そもそも雨なんか降ってきても大丈夫なはずでは?というのがこの浮世絵のおもしろさ、なんだそうです。
ちなみに、「にはかあめんぼう」の本物の浮世絵ではあめんぼの長い足を雨脚に見立てて描いています。
あめんぼの足=雨脚、なんともシャレがきいてますね。
この京東都のワッペンでは残念ながらそれがわかりませんが、気になる方はぜひ浮世絵もチェックしてみてください。

DSC01976m.jpg
今年はほとんど雪も降らないうちに雨水を迎えてしまいました。
次の節気は3月5日の啓蟄です。虫たちが動き出すまであと少し・・・。

nice!(3)  コメント(2) 

風海月に新作登場。想像よりいい! [商品紹介]

DSC02052mc.jpg
空気が冷たくてピリッと寒い2月18日(火)。
今週もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、週のはじめのブログも商品紹介です。
ACART LIFESTYLEでもかなり上位の売上を誇るあの商品に、待望の新作が加わりました。
かみの工作所(福永紙工)さんの「風海月(かぜくらげ)」。くらげをモチーフにしたペーパークラフトのモビールです。

今回加わったのは新たに2種類。
平たい形状で動きの美しい「ひらひら」と、てるてる坊主のようなシルエットの「ぽよぽよ」。
今回の2つに共通する最大のセールスポイントは、組み立て不要ということ。
早速詳しく見ていきたいと思います。

まずは平たい形状の「ひらひら」
DSC02034m.jpg
何かに似ている?
そう、同じくデザインスタジオ point代表の長岡 勉 氏による製品「デスクトップクラゲ」の「ムシクラゲ」に似たシルエットです。
DSC05116m.jpg
こちらがデスクトップクラゲ(の、左側がムシクラゲ)。
デスクトップクラゲは吸盤の付いたワイヤーでオフィスのPCのモニターに取り付けるのがぴったりの製品なのですが、サイズは約10cmとコンパクト。仕事の手が止まったときにワイヤーをピンッと弾くと、クラゲの足がまるでウェーブのように揺れる姿が可愛くて人気です。

DSC01935m.jpg
風海月 ひらひら ¥1,430(¥1,300+税)
一方新作の風海月は、付属のテグス(吊り糸)で窓際などに天井からぶら下げて、風を受けて空気中を漂うという製品です。そしてこの「ひらひら」のサイズは約18cmと2倍近い大きさ。


この大きさと質量の違いからくる動き方の差が想像以上に大きいのです。
「ひらひら」の動きは「ムシ~」と比べて圧倒的にゆったり、優雅といえばよいでしょうか。
文字で表すと「ひらひら」というより「ひ~ら~ひ~ら~」!?皆さんが最初に想像した速度の3倍ぐらいスローだと思ってください。
DSC02043m.jpg
また大きくなった分の重さ(と言っても所詮は紙なのですが)のせいで、全体のシルエットが美しいカーブを描いています。
とにかく思ったよりもいい。ぜひ店頭で見比べてください。


そしてもう一つ、こちらは見たことのない形状の「ぽよぽよ」。
DSC02024m.jpg
見た目は不思議なギザギザがいっぱいで、なんだか硬い印象を受けるかもしれません。でもこれがまた違うんです。

こちらは組み立て工程を見ていただいたほうが面白いかもしれません。
組み立て不要と書きましたが、厳密に言うと「ぽよぽよ」は6箇所折り目をつけるという作業が発生します。
DSC02007m.jpg
パッケージから取り出すと最初は雪の結晶のようなかたち。
この6本のスポークには実は切れ目が入っており、中心近くの丸い部分をつまんで外側へ。

DSC02012m.jpg
お、触手の形が見えてきました。

DSC02017m.jpg
そして180度開いたところでギュッと折り目をつけてしまいます。これを6箇所。
さらに中心部分の穴に、付属のテグス(吊り糸)を通せば出来上がり。

DSC02021m.jpg
いよいよテグスを引いて「離陸」。ズズズ・・・と持ち上がると紙の重みで勝手にてるてる坊主形に持ち上がるではないですか!
個人的にはこの離陸、そして着陸の動きがツボです。
ギザギザ、ゲジゲジした姿とは違って、こちらもゆったりした動きで「ぽよぽよ」いや、「ぽよ~ん。ぽよ~ん。」と動きます。

DSC01939m.jpg
風海月 ぽよぽよ ¥1,430(¥1,300+税)
もちろん天井から吊るせば、陸地がなくても「ぽよ~ん。ぽよ~ん。」とひとりで揺れ続ける姿はなぜか愛おしさすら感じるほど。
ぜひこちらも店頭でお触りしてください。


ちなみに従来からの「ゆらゆら」「くるくる」も継続して販売されるのですが、今回の新作追加に伴いパッケージが一新されました。価格もほんの少し改定されちゃってますが・・・。
cc20200218-1.jpg
風海月 ゆらゆら ¥1,430(¥1,300+税)
cc20200218-2.jpg
風海月 くるくる ¥1,430(¥1,300+税)

4種類に増殖した風海月。デスクトップクラゲを含めると6種類。クラゲ屋さんと化した店頭でぜひ比べて選んでください。
もちろんオンラインストアでもお買い求めいただけます。



nice!(2)  コメント(0) 

相撲人気にのっかりたくて。 [商品紹介]

DSC01999mmmc2.jpg

2月16日(日)、相変わらずいつになく静かな奈良。しかも本日は雨模様です。
そんな日曜日、ACART LIFESTYLEには猫スタッフが出勤しています。

DSC00965mc.jpg
担当はすっかりテンション下がり気味の末っ子と・・・

DSC06087mc.jpg
おっ、予想外のソリューションを提示する次女。さすが。

DSC01102mc.jpg
ガシッって、一応末っ子も付き合うのね・・・。
急に舞台が自宅になっていますが、気にしないでください。
そんなふたりが本日も退屈しております。

さて相撲といえば・・・
コロナウイルス騒ぎですっかり皆さまお忘れかもしれませんが、先月末に奈良県民が歓喜した出来事がありました。
DSC01724m.jpg
大相撲の平幕 徳勝龍が初場所千秋楽の26日に、14勝1敗という好成績で初優勝を果たしたのです。
奈良市役所ではパブリックビューイングの会場が設けられ、およそ200人がこの瞬間を見守ったとか。 
本当におめでたい、喜ばしい出来事でしたが、このように幕内最下位の力士が優勝するのは20年ぶり。そして我が奈良県出身力士の優勝は大正11年春場所の鶴ヶ浜以来98年ぶりだったそうです。約1世紀ぶり!

さらに記録といえば、33歳5か月での初優勝は、年6場所制が定着した昭和33年以降では旭天鵬、玉鷲に次ぐ3番目の年長記録。
大相撲でまさかまさかの奈良県出身力士が優勝、しかも徳勝龍は幕内でも一番下の番付、ということでかなり大きな話題になりました。
諦めずに相撲を取り続けたことはもちろん、優勝インタビューやその後のテレビ出演などで見せた飾らないお人柄も素敵でしたね。
DSC06557mc.jpg
この徳勝龍効果で奈良県が盛り上がるかな?と思ったところに例のウイルスの話があり、盛り上がるどころか街から人が消えてしまった奈良市内。これが2月の奈良、といえばそれまでなんですが、なんだかんだでちょっと水を差された感のある、相撲と奈良の関係。

徳勝龍さんの優勝を今一度喜びましょう!ということで、京東都さんより相撲ワッペンを入荷してみました。
DSC01992m.jpg
実は以前にも一瞬お取り扱いしたことがあった相撲ワッペン。あのときは「海外の方が買ってくれるかも?」と思いながら入荷しましたが、今はその海外の方もほとんど来店されませんし、徳勝龍さん効果で日本の方のお買い上げももちろん期待しています!
ワッペンといえば、いつも通り京東都さんの説明をお借りします。

DSC01996m.jpg
四股(しこ)
「土俵の上で片足を高くあげ、力強く地を踏む所作。膝の上に手を添え、開脚状態から脚を交互に上げたり下ろしたりする。 日本の神事における相撲では四股によって大地の邪気を踏み鎮め、また春先の大地を目ざめさせ豊作を祈るという意味も持つ。」

そんな意味もあったんですね。相撲は子供の頃から割とよく見ていますが、知りませんでした。

DSC01998m.jpg
立合い
「両力士が蹲踞(そんきょ/しゃがんだ状態)の姿勢から、立ち上がって取組を開始する瞬間。目を合わせながら腰を落とし、まず片手をつき、両者の合意の時点でもう片方の手をついて相手にぶつかって行く。これにあわせて行司が「はっきょい(発気揚々)、残った」の掛け声を発する。 」

昔、この立合いは「ヨーイドン」みたいな合図があって成立してるのかと思っていたのですが、特にそういうことではなく、相手の間合いを図って呼吸を合わせて立ち合うのだ、と知って驚いたことを思い出します。「待った」とか合わないこともありますよねー。

DSC02000m.jpg
突っ張り
「平手で相手を突く技。両手を使い手を広げ下から上に回すように胸などを突き飛ばすように何度も繰り出す。下から突っ張ることによって相手を起こして重心を高くし、差し手を払い除ける。そのまま相手を土俵の外にだせば「突き出し」、土俵内で倒せば「突き倒し」の決まり手となる。」

相撲の技や決まり手はあまり詳しくないのですが、そういうことなんですね。ワッペン、勉強になりますね。

DSC02003m.jpg
そういえば、一説によると相撲の発祥の地でもあるという奈良。今後ますます相撲人気と共に盛り上がるといいな、と思います。

ちなみに、3/30(月)には、
「桜井市立芝運動公園総合体育館にて大相撲巡業 相撲発祥の地 大相撲桜井場所」
が行われます。
今現在チケットも発売中のようなので、興味のある方はぜひ調べてみてください!

お相撲が好きな方も、徳勝龍さんのことで改めて相撲に注目している方も、ぜひ相撲ワッペンをよろしくお願いいたします!

nice!(2)  コメント(2) 

久々登場。Fu-raさんのレッグキュートです。 [商品紹介]

DSC01885m.jpg

2月15日(土)です。
今日の猫スタッフは長女。
DSC09858mc.jpg
奈良の街がすっかり寂しくなって3度目の週末。なんかずっと昔からこんな感じだったような気もする今日このごろ。
DSC01784mc.jpg
と、長女のテンションが下がらないように、人間スタッフがしきりに相手をして差し上げております。
まあ悪くないわー。
DSC01271mc.jpg
というわけで今日も退屈してると思います。
寝ている時間も長いですが、起きていたらぜひ遊んでやってください。
どうぞよろしくお願いいたします。


さて、猫といえば久しぶりの入荷のご紹介です。
しばらくお取り扱いできておりませんでしたが、Fu-raさんより、あのレッグキュートが届きました。
昨年の冬も大変好評いただいたレッグキュート。
DSC01906m.jpg
前回、ACARTでは猫柄のみをお取り扱いしておりましたが、今回はFu-raさんのほうで猫柄がほとんど品切れだったこともあり、他の柄もいろいろと入荷してみました。
すでに猫柄をお持ちの方も、もちろん初めての方も、楽しんでいただけるのではないかと思います。

さっそく柄を紹介しましょう。
猫、ナマケモノ、オオカミ、キツネ、ツバメ、シカ、という動物シリーズと、黄色いお花(マリーゴールド)がございます。

DSC01908m.jpg
ACARTで人気だった猫柄は今回はこのグラスグリーン。そしてナマケモノはちょっと存在感のあるオレンジ。猫の柄はもちろん、べローンとしたナマケモノはなかなかユーモラスでかわいいです。
・猫 グラスグリーン(ブルーベリー・マスタード)
・なまけもの オレンジ(カーキ・ピスタチオ)

DSC01905m.jpg
ちょっと間抜けなおおかみ、控えめなつばめ、鋭い眼差しのきつね。
どれもお洋服に合わせやすい色味です。
・おおかみ バニラ(ピスタチオ・ハックルベリー)
・つばめ マリンブルー(ハックルベリー・ブルーグレー)
・きつね カシミヤ(ハックルベリー・マスタード)

DSC01910m.jpg
春らしい黄色がかわいいマリーゴールドの柄。
動物よりもアクがなくてレッグキュート初心者でも使いやすいかもしれません。
・マリーゴールド アイボリー(ブルーベリー・あずきミルク)
・マリーゴールド ミモザ(カーキ・フォレストグリーン)

動物柄はかわいくて個性的、お花は黄色メインで春らしい足元になりそう。
上下で色違いのリブの色もポイントです。
価格は各¥3,080(¥2,800+税)です。

DSC01912m.jpg
そしてこちらはレッグキュートではなく当店初登場の「鹿レッグ」という製品。
イラストレーターのmittoさんデザインのオリジナルテキスタイルを使用しています。
鹿好きの方はぜひ!
・鹿レッグ ネイビー・ベージュ・ラムネ(ビーツ)
・鹿レッグ カーキ・ベージュ・ラムネ(サックス)

鹿模様のテキスタイル部分はベージュ・ラムネという同色ですが、切り返しで使われている布のカラーがネイビーとカーキの2種類あります。こちらのリブは上下同色です。
価格は¥3,850(¥3,500+税)となります。


冬は靴下を履いているし、ズボンも履いている・・・とはいうものの膝下~足首は意外と冷えています。猫柄がかわいくてついつい購入したものの、思いのほか実用性が高くて追加を購入する方も多いくらい、履き心地は良好!
実はACARTもその一人で、できればあと1足欲しい、と密かに狙っております。
DSC01178m.jpg
また、そこまで冷えを感じていなくても、使ってみると思いのほか暖かくて快適なので、手放せなくなった、という方もいらっしゃいます。
特に男性はあまり足の冷えを感じない、という方が多いですが履いてみると意外と足だけでなく体全体が温まるようです。
そんなわけで男性にももちろんお使いいただけます。

先日からちょっと暖かくなってきてはいますが、春になるまではまだ油断できません。
また、冬場だけでなく春先や秋、夏の冷房が効いた部屋でもこのレッグキュートは重宝します。

DSC01902m.jpg
1点ずつのものもあるので、気になる柄がある方はぜひお早めにお越しください。
お取置きも承りますので、ぜひご連絡ください。
ホワイトデーのお返しにもおススメです!(早い・・・。)


nice!(2)  コメント(0) 

駆け込み!バレンタインギフトあれこれ [商品紹介]

DSC01735m.jpg
明日はバレンタインデーですね。
先月あたりからなにかにつけて「バレンタインのプレゼントにも!」書いてきた気がしますが、ここにきてもう一度プレゼント好適品をご紹介します。

まずは特に男性受けの良い「Pull Push Products.(プルプッシュプロダクツ)」の製品。
cc200213-1.jpg
手軽に贈れるコースター「FLOORWALL Circle 100φ」はいかがでしょうか?
ただのモルタルではなく、中に繊維を練りこむ特殊な作り方をしていますので、簡単に割れることはありませんし、裏側には傷がつかないようにコーティングがされています。
パッケージも素敵なので、プレゼントには最適。
カラーはナチュラルとちょっと渋い墨があり、両方セットでも良いかと思います。
表面の色や模様などには個体差があるので、ぜひ店頭で見比べてお選びください。

次は年配の方や男性にも人気の「あひろ屋」さんの手ぬぐい。
cc200213-2.jpg
ACARTのおススメの柄は・・・
赤い糸、撫子墨、群雨、曲水、籠目、箸格子
バレンタインですから赤い糸、ってちょっと意味深すぎるかもしれませんが、ここまで黒い手ぬぐいってなかなか無いですし、一本の赤い糸がとてもかっこいい作品です。
他にも、色の渋い撫子、単調な模様に見えてグラデーションが美しい群雨や籠目、一見ただのクロス模様に見えるけど実はお箸、というユーモラスな箸格子(しかも赤)、色と模様が男女問わず人気の曲水。
どれも男性が持っても素敵な柄ばかりです。

毎年おススメしている気がしますが、クリスマスやバレンタインなど、必ずと言っていいほどギフトとして人気になるのがプシプシーナ珈琲さんのウォールマグデミタとコーヒー。
cc200213-3.jpg
二重構造のタンブラーはお手頃な価格で使い勝手も良く、人に差し上げると面白いですし喜ばれるようですね。
最近はマイタンブラーを持っていくとお値引きをしてくれるコーヒーショップもあるようですし、エコで便利なマグはもらうと助かります!
一緒にコーヒー豆や1カップのコーヒーを添えて!

袋うの「しっかりくったりかばん」は女性だけでなく男性にも人気ですので、ぜひプレゼントに!
cc200213-4.jpg
ショルダーやトートバッグ、そしてミニボストン、サコッシュがございます。
どれもカーキやネイビー、グレーなど、男女問わず使いやすい色。
cc200213-5.jpg
また、ばね口ポーチは実は男性のほうがお買い上げが多い商品なんです。
ファスナーでもがま口でもないこの「ばね口」が男性には魅力的なのか、単にこのシンプルな形が好まれるのか・・・。
とにかくそんなちょっと珍しいポーチ、なかなか見ないブランドですので、贈った方のセンスも感じられます。

プラモデルや模型が好きな器用な男性にはリアルな動物のペーパークラフト「gu-pa TOP TO TAIL」を。
cc200213-6.jpg
作り甲斐のあるチンパンジーなど男性が好きそうな動物を選ぶのも良いですが、贈る方が作ってほしい動物をちゃっかり贈るのも良いですね!
かなり細かい作業が必要ですが、出来上がった動物の立体感やリアルな様子、ちょっとだけ稼働する部分などを見ると喜びもひとしおでしょう。

以上が明日に迫ったバレンタインに、ACARTがおススメするギフトです。
もちろん店頭にはほかにもギフトにぴったりなお品がいろいろとあります!
ギフトラッピングも承ります。駆け込みも大歓迎です!
「あげようと思ってなかったけど・・・」という方も、ぜひぜひご来店ください!

nice!(2)  コメント(0) 

水曜日だけど、カレー(皿)です。 [商品紹介]

DSC01876m.JPG
2月12日は、 「レトルトカレーの日」と 「ボンカレーの日」って、ご存知でしょうか?
ちょっと調べてきたんで、良かったら聞いてやってください。

「レトルトカレーの日」は、1968年のこの日、 大塚食品株式会社 が日本初のレトルト食品である「ボンカレー」を発売したことに由来する記念日です。
DSC200212-2.jpg
パッケージに描かれた同心円のイラストには「おいしさ三重丸」の意味が込められています。
ちなみに「ボンカレー(Bon Curry)」の名前の「ボン」はフランス語の「bon」(良い、おいしいの意味)からとられたとか。

ボンカレーはその後ボンカレーゴールドが主流となり、さらに1989年には農林水産大臣賞を受賞。
このとき、おいしさ三重丸に輪をひとつ付け加え、「さらに輪をかけておいしく!」という意味合いから四重丸のパッケージになりました。
2003年には箱ごとレンジ調理ができる商品になり、さらに種類も、ボンカレークラシック、ボンカレーネオ、ブランド史上最高のプレミアム商品「The ボンカレー」、こどものためのボンカレー、時短で贅沢な味を楽しめる「ボンカレー GRAN」、スパイス香るバターチキンカレーなども登場。

2018年で50周年を迎えたロングセラー商品なんです。


もはやなんのブログがわからなくなってきましたが、そんなこんなでレトルトカレーの日、ボンカレーの日。
DSC06135m.jpg
ACARTも仕事で遅くなったときなどには「あ!レトルトカレーにしよう!」といった具合に時々お世話になります。
ボンカレーにもちょっとお高いシリーズが存在するように、近年では安くて美味しい、ではなくて「名店の味をそのまま!」みたいな商品も増えましたよね。
レトルト食品だと思うと決してお安くはないけれど、自分では作れない美味しいカレーが食べられますので、本当に便利な世の中になったものだと思います。

そんな美味しいけれど手軽で便利なカレー、食べる際にはぜひ器にこだわりましょう!
DSC08659m.jpg
カレーといえばカレー皿です!
しばらく店頭から消えていたステンレスのカレー皿が入荷していたのでした。

DSC08654m.jpg
羽を大きく広げたような有機的なかたちのカレー皿。
もちろん自家製の美味しいカレーを入れるのも良いですが、レトルトカレーを入れてもなんだか特別感があって、おうちでも外食しているような気分になれます。

ご自宅だけでなく、アウトドアでのご使用もおすすめ。
落としたりぶつけたりしても割れませんし、キャンプグッズの中にガチャガチャと入れても平気です。
ステンレスなので洗いやすいですし、ピッタリと重ねることができてかさばりません。

一つだけ気をつけたいのが、ステンレスなので熱伝導が良く、底を持つとちょっと熱いこと。
テーブルの上で盛り付けて、運ぶときは持ち手の部分を持って運びましょう。

DSC08651m.jpg
IKD イケダ 18-8ステンレス カレー皿 丸 小 10-1/2インチ ¥1,925(¥1,750+税)
存在感たっぷりのカレー皿で食べると、いつものカレーもちょっと特別になります。
ぜひ、お試しください!


DSC01854m.JPG
ちなみに今回頂いたこのカレーはある方から昨年末に「6周年のお祝い」として頂いたもの。
N子様、ありがとうございました。美味しゅうございました!


nice!(2)  コメント(2) 

蔵出しシリーズ。傘のかたちの魔法瓶 [商品紹介]

DSC01205mc.jpg

本日は2/11(火)。
火曜日ですが皆様ご存知の通り祝日です。昨日の月曜日があってからの飛び石でお休み、という方も多いのではないでしょうか。
ハッピーマンデーにならない祝日ってちょっと珍しい気もしますが、たまには良いですね。

ちょっとだけ寒さが緩んだ本日も、ACART LIFESTYLEには猫スタッフが出勤しています。
DSC09491mc.jpg
担当はつい3日前の土曜日にも出勤した次女と
DSC01324mc.jpg
同じく末っ子です。
DSC00169mc.jpg
まだ先日の疲れも癒えきらず、いつも以上に眠そうなふたり・・・どうぞよろしくお願いいたします。

さて突然ですが、伝説の写真家ソール・ライターは言いました。
「私は傘が好きなんだ」

・・・え~と。
そんな傘をイメージした商品を本日はご紹介します。
DSC01217m.jpg
Umbrella Bottle Blackです。
傘、と言ってもこの傘はさすことができません。
開けられるけど、開かない・・・これは一体?

DSC01208m.jpg
こちらは、折り畳み傘をイメージしたシンプルな水筒なんです。
だから「アンブレラボトル」という名前。

DSC01195m.jpg
作っているのは、スタイリッシュなデザインと優れた保温・保冷機能を備える二重構造のキッチンウェアブランドthermo mug 。
2000年に誕生した日本のメーカーさんです。

製品に「18-8 ステンレス」を取り入れた点やファッショントレンドをも意識したデザインが多くの方に愛されており、長年に渡って注目されているブランド。
今やいろいろなお店で売られているのでご存じの方も多いかと思います。

DSC01203m.jpg
そんなthermo mugのUmbrella Bottle、実は蔵出しシリーズの第2弾なんです。
お客様からのお取り置きやお取り寄せで残った商品や、その他にも数があまりにも少なくて販売機会を逸してしまったものを倉庫からひっぱりだしてきてご紹介する、という「蔵出しシリーズ」。
この商品も、ある意味ウッカリ売るのを忘れていた、というか大事に取っておいたらいつの間にか在庫の中に埋もれてしまったものの一つ。

DSC01201m.jpg
もちろんACART的には好きな商品なのですが、水筒は常にプシプシーナ珈琲さんのペットボトル素材のものがありますし、魔法瓶も一時期同じくプシプシーナさんのものを販売しておりました。
その関係でこの無地のUmbrella Bottleについてはちょっと売るタイミングを逃した、とも言えるかもしれません。


まあともかくそんなこんなで今まできちんとご紹介することのなかったボトル、詳細は以下のとおりです。
DSC01213m.jpg
<スペック>
容量:300ml
直径:50mm高さ:230mm
重量:230g
価格:2,300円(税込2,530円)

<材質>
本体内側:18-8ステンレス
本体外側:18-8ステンレス
パッキン:シリコーンゴム
フタ:ポリプロピレン

本体は真空断熱2重構造。シンプルでスリムなので、持ち運びにも便利です。
DSC01210m.jpg
スッキリとしたフォルムは、本当に折りたたみ傘のよう。
蓋のパッキンがかなりしっかりしているので、締めたときのしっとり感などは「密閉してる!」という安心感を与えます。

もうすぐバレンタインですので、男性へのプレゼントにもぴったり。
ぜひぜひ、お買い求めください!


nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | - 商品紹介 ブログトップ

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ